プロダクトローンチ・フォーミュラ(副業・独立を考えている人にオススメ)

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

朝からジェフ・ウォーカーのプレゼンテーションビデオを観ています。『ザ・ローンチ』を読んで、特典のビデオを観て、プロダクトローンチ・フォーミュラを学んでいたのですが、その後ふと、ジェフ・ウォーカー本人がどんなセールスプレゼンテーションをしているのかを知りたくなり、

彼のウェブサイトからメールを登録し、数日前に最終プレゼンのビデオが観れるようになったので、今鑑賞中、という感じです。

英語の聞き取りは苦手、というかちょっと難しいのですが(ちなみに日本語の聞き取りも僕は苦手です)、雰囲気はエライ伝わってくる話し方をしているので、コレはとてもいいな、と思います。

最近、ダイレクト出版さんもグレイザー・ケネディ・インサイダー・サークルも、ジョン・カールトンも動きのあるセールスメッセージを使っていますが、動画を使う意味というのはよくわかります。

表情、身振り手振り、抑揚、話のペース、画面切り替え・・・などなどで観るものの興味を引き続けることができますし、

セールスレターにありがちな、ヘッドライン見たらスグに金額を確認される、ってこともありません(仕様にありますが)。

ヘッドラインからオープニング、ボディコピーと読んではじめて価格のプレゼンが活きるのですが、

先に価格を確認されてしまうと、それだけで離脱する見込客もいるはずですから、コレをどう防ぐかというのは悩みどころでした。特に、サービスや商品が高額になればなるほど、です。

だからこそ、ジェフ・ウォーカーの言う「サイドウェイズ・セールスレター」という考え方は、なるほどな〜と思い、僕自身が彼の言うプロダクトローンチ・フォーミュラにエライ興味を持ったんですよね。

実際、『ザ・ローンチ』とかを読んでみるとわかりますが、脳科学とか心理学から築き上げられたセールスシステムだな、と思います。プロダクトローンチ・フォーミュラ、というのは。

多くのアフィリエイターさんに協力してもらってドカンと売り切るようなイメージを僕は持っていましたが、むしろ見込客がいない状態からビジネスを小さく始めて徐々に大きくしていく、王道のセールスシステムだな、と今は思っています。

それで、プロダクトローンチ・フォーミュラに興味を持った、というわけです。

しかし・・・ジェフ・ウォーカーの表情と話し方は生き生きしていていいですね。コレ見るだけで元気になる人もいるんじゃないかな、って感じです。

コレは僕も動画を取り入れよう、って気になります。とりあえずはメルマガ登録ページから変えていこうかな・・・。

P.S.
『ザ・ローンチ』ですが、まだご覧になっていないならコチラ。副業とか独立とかを考えている人は必見だと僕は思います。もちろん、1日で1億を売りあげたい人にもオススメですが・・・それよりは資金もなく見込客もいない中で自分のビジネスアイデアを試したい人とか・・・しかもリスクなく、って方にオススメです。ベネマンのブログでも人気の本です。
http://beatthecontrol.net/l/u/YiDEqeDaZBAYiDJX

コメント

タイトルとURLをコピーしました