タダでもセールスレターを書く、はある意味正解です。

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野です。

セールスコピーライターとして独立したい、という方々の話を直接聞いたり小耳に挟んだりすると、違和感を感じることがたまにあるのですが、今日はその1つについてお話しします。報酬とセルフイメージについてです。

実績がないセールスコピーライター志望の方が、自分で報酬を設定していることがあります。不思議なのは、実績がないのにどうして報酬を設定できるのか、ということです。僕はココに違和感を感じます。

考えてみると、セルフイメージを間違って解釈しているんじゃないかな、と思いました。いや、間違ってはいないと思うのですが・・・イメージと「現在の自分」を一緒にしてしまっているような、そんな感じです。

セールスコピーライターと名乗ったからにはプロなのだからと名刺を作ったり報酬体系を決めたりすることは大切かもしれません。しかしもっと大切なことは、お客さんのレジを鳴らすことです。プロですから、成果をお客さんに出すからこそ対価としてお金を受け取ることができる。

セールスレターでお客さんのレジを鳴らしたことがないのに、なぜ対価を示すことができるのか?自分が「このくらいはもらえるようになっている」というセルフイメージを、そのままお客さんに伝えても、関係性ができていないと理解されないと思いますし、逆の立場で考えたらいいと思うのですが。

「オレは来年宇宙に行きます」と言っている人がいるとして、もし初対面ならまず話半分に聞いてしまうと思うんですよね。コレと同じです。

人を説得するなら、証拠が必要。これはセールスコピーを学んだ方なら皆聞いたことがあると思います。つまり、

レジを鳴らした経験がないなら、まずその経験をすることのほうが大切、という風に僕は考えています。

ですから、まずやるべきはタダででもセールスレターを書いてお客さんに結果を聞くこと、だと思うんですよね。

しかしまずお金得ることを考えてしまい、証拠を作り出すことを考えていない方がいらっしゃるようなので、コレだとなかなかプロとしてやっていくのは難しいんじゃないか、と思っています。成果が出なければ全額返金とかの保証をつけるガッツがあればいいのですが、セルフイメージを変に描いてしまっている人はコレもできなかったりしますので・・・。

セルフイメージも段階があると僕は思っているのですけど、セルフイメージを確かなものにするためには実績とか経験を得て、自分に対する信頼を獲得することが大切です。

タダででも、と言いましたが、結果を見せてくださるお客さんじゃないと意味がありませんからご注意ください。セールスレターというのは科学的に反応を取ることが実証されている技術のようなものですので、あるお客さんに対して残した実績は他のお客さんにも同じような結果を出すことが可能です(ターゲットや単価など加味すべき情報はありますが、心理的に人を動かすセールスライティングのスキルは他のお客さんにも使える、ということです)。

つまり、ただお客さんに対して何本セールスレターを書いた、だけだとパンチが弱いのです。営業先のお客さんにしてみれば「書いただけだとちょっと・・・」となります。欲しいのは結果、あなたにいくら投資したらいくら利益が生まれるのか、ですから。

大切なのは、セールスレターがどんなターゲットにどれだけの成約率を出し、どれだけの売上を出したかです。

コレを獲得するためにタダででもセールスレターを書く。ある意味、広告費と同じかと。

セルフイメージにも段階がありますから、タダでセールスレターを書くことも必要だと思いますが・・・あなたは、どう思います?

P.S.
請求書は群れに送れ・・・コレができるようになるためには段階が必要です。セルフイメージも同じかと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました