高知れいほく、羽田、成田、バンコク。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

本日でぽっちり舎の高知れいほく合宿は終了。

ひろめ市場の散策に参加するメンバーとで昼食を食べ、その後は牧野植物園へ。

なんというか、うまいものは高知にもあるという器の更新だけじゃなく、自然と芸術の見所は高知にもあるという器を更新できた合宿でした。

託児担当のショウタくんと別れることを悲しみ、泣き叫ぶ、参加者のお子さんの様子もいいなあと感じつつ、

自分にとっても初めての経験をさせてもらえたことに、ケイコさんとご主人に感謝です。

そして、参加された皆さんにも。

おもしろいなぁ、と感じるのは、初日よりも二日目の方が表情の色ツヤが良くなることと、年間プログラムに参加するメンバーに関しては、毎月会うたびに目と空気が凛として朗らかに、力強くなっていくこと。

誰と一緒に過ごすかが大事であることを再確認した合宿でした。

それに、三食一緒に食べ、中でも朝食はケイコさんのご主人が用意してくれたれいほくファーマーズカフェのパンやれいほくで作られたグラノーラ、卵かけ御飯など、

いわゆる同じ釜の飯を食べる、という経験がそうさせるのか、空気感が似てくるんですよね。

あと片付けも手分けしてやったりするから、もう学校のようなもの。

キャンプとか林間学校で盛り上がる、あんな感じ。

ケイコさんが伝えることにピンと来る方々だから、もともとの親和性というか相互理解度は高いのかもしれないけれど、

空気が近く、醸成されていく様子を感じることができて光栄だと思いましたし、

やっぱりいいなぁ、と思うのは、三日目の今日は皆さん、後ろ髪を引かれるかのように帰っていくということ。

帰る、というより新たな出発かな。

今回の非日常を、日常にしていくのような。

参加してくれた皆さんにはまたぽっちり舎で会いたいと思いますし、変化していることを期待したいもの。

だからこそ、年間プログラムはいいんだろうな、と思う。

参加する側にとっても、運営する側にとっても。

誰と一緒に過ごすのか。

どう生きるのか、どう在るのかにも繋がるこの質問への回答は、

多くの人が思うよりも大切で、もしかしたら最も大切にしなければならないことなんじゃないかなぁ。

先ほど、羽田に到着し、乗り換え無しで成田に行けるというので京急と京成で移動中。

駅の看板を見たら、もう押上でした。

明日は朝からバンコクに移動し、一週間ぶりの帰宅。

そして、5日からはインド。

今回の合宿のような初めての経験を、タイでもインドでも選んでやってこよう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました