スタートアップガイド第2章、プレゼント開始しました。

お知らせ・告知
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

昨日セールスライティングスタートアップガイドの第2章を書き上げ、先ほどプレゼントする準備が整いましたので、お知らせ致します。

もしあなたがセールスライティングスタートアップガイドの第2章に興味を持っているなら、「単身赴任サラリーマンのスキルの秘密」メルマガに登録ください。メールアドレスのみで、無料登録できます。また、登録時にスタートアップガイドの第1章も無料で手に入りますので、この機会に登録し、あなたのゴール実現の役に立ててくださるとうれしいです。

さて、第2章ですが「セールスライティングスキル獲得編」としています。獲得編と言っても獲得の仕方は「単身赴任サラリーマンのスキルの秘密」で配信されるメルマガ上でお知らせ、またスタートアップガイドの第1章でも僕がどんな手順でセールスライティングスキルを獲得したのかが書かれていますので、「何をしてスキルを獲得すればいいか」という悩みについては、これらを確認してもらえれば、と思います。

第2章ではセールスレターを書くときに最も大切なこと、USPとかビッグ・アイデアとかビッグ・プロミスを探す時に必ず僕が考えること、行動することについてまずお話しています。

そしてその後はヘッドライン編、オープニング編、ボディコピー編、価格のプレゼン編として、それぞれを書き出すときの考え方やヒントを紹介するとともに、僕がコレまでに書いてきたセールスレターのリライト版、また即興で書き上げたモノをサンプルとして紹介し、あなたがセールスレターを作成するときの参考になるようにしました。

掲載したセールスレターのサンプルは、割とよく使えるタイプのスワイプファイルを参考にしていますので、論理展開やアイデアは、そのまま使えるかもしれません。

そして第1章同様、各パートの最後にはワーク用のスペースを用意しています。無料プレゼントはPDF版ですので、ノートは別途用意して貰う必要がありますが(もしくはPagesやWORDで別途入力する必要がありますが)、ワークにそってセールスレターの各パーツを書き出していくことにより、ひと通りのセールスレターは書けるようになります。

ワーク後には僕が試しに書いたセールスレターも紹介しているので、あなたが書いたものと比べてみてもいいかもしれませんね。訴求するポイントとかアイデアとか、書き手が違うと同じターゲットでも異なることが、わかると思います。

全体を通し、スワイプファイルの使い方や論理展開、アイデアのマネの仕方も感じてもらえるようにしています。

ただし・・・守秘義務の関係上、リライト後の言葉は少し現実離れしているところもあります。ですから個人的には言葉が宙に浮いているというか面白くし過ぎというか・・・思わず失笑してしまうところがあることは、予めお伝えしておきますね。

第2章リリースに合わせ、コレまでの感謝祭としての企画を23日にかけてお知らせしていきますので、もしあなたがまだメルマガにご登録されていないのであれば、ご登録の上、一緒にお楽しみくださるとうれしいです。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました