三連休。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約2分で読めます。

なんか静かだな、と思いきや、明日は海の日ということで三連休。

タイの妻からは次男が咳き込んでいてと連絡が入ったと思いきや、長男のテストが近いから今日は大変なのという感じでして、普段と変わらない様子だったので、神奈川においても同じかなぁと思っていました。

しかしランニングに出てみると気づくことはあるもので、人手が少ないというか

家々がしんと静まっている様子。

車が駐車場に停まっていない家とそうでない家の比率をふだんから比べているわけではないのでわかりませんが、外出している人は多いんだろうな、と想像しています。

高校野球をやっていた頃は、この時期になると甲子園予選の真っ最中だったため、野球部を退部して応援団長をやっていた3年生の頃は、学ランを来て暑さに鳴らしつつ、応援の練習をしていた思い出があります。

今でも神奈川テレビでは神奈川県予選の中継をやっており、応援団を映す時がありますけれども、その度に当時を思い出すから不思議なものです。

何かのはずみに記憶ってよみがえるものですね。ふだんは思い出すことがなくとも。

そういう意味では、例えば子どもに昔話をするときってあるじゃないですか。ちなみに僕は・・・今のところ昔話をしたことってないんですけど・・・かつて楽しんだ場所に行って話をする方が、臨場感があるというか、当時の情熱とかがリアリティを持って伝わるというか、そんな感じがします。

父が野球をやっていたのですが、やはりプロ野球中継を見ながらとか、高校野球を一緒に見に行ったりとか、そういう時に野球の話を聞くほうが、伝わるものってありましたから。

そういうわけで、この三連休。

すでに外出されている方はいらっしゃると思いますし、いやいや、三連休とはいえオレは仕事三昧だぜ、という方もいらっしゃると思いますし、まあいろいろな過ごし方をされているのではと想像しておりますが、

もしお子さんと外出されるようなら、昔親しんだ場所に行って、というのも選択肢としてはありなんじゃないかと思いましたので、記しておくことにします。

ふと、自分の目的意識とか本分とか、Sense of purposeですね、これに気づくこともあるかと思いますので。エネルギーあふれる状態になる、ひとつの要因になるんじゃないかと僕は考えています。

では、これから東京に行ってきます。三連休の日に外出するというのは、それがたとえ仕事のようなものであっても、ウキウキするものです。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメント

タイトルとURLをコピーしました