サウナと水分補給は車の両輪。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

昨晩は母と妹とで近所の銭湯、というか温泉に行ってきました。

そこでは温泉を楽しむというよりも、僕の場合はもっぱらサウナ。

最近はサウナ男子ケヴィンの影響を受けて、そしてワイルドサイド部の中平さんの影響もあり、

銭湯といえばサウナ、温泉といえばサウナです。

実際、年末に妻と長男次男とで訪問する予定のスキー場や宿泊場所も、サウナがあるかないか、で決めている感じです。

妻もサウナは好きだったと思うので、子どもたちは外で雪遊び、そして大人は部屋でサウナという楽しみ方もいいだろうと、そんなことを考えています(もちろん安全第一です)。

サウナ男子ケヴィンと中平さんのサウナ熱はもはや「本業サウナ」に近いレベルだと思っておりまして、

「温度計によると80度代中盤でしたが、体感的にはかなりマイルド。とはいっても汗はガンガン出てきますし、パワフルなのでご安心を」

「強いていうならばラグジュアリー感はありませんが、この料金であのサウナクオリティは都内では大泉系列ぐらいなのでグッジョブです」

「温度計が見当たらなかったのが僕には好都合でして、偏見なく水風呂イン。ちょうどいい。ちょっとエッジがある感じなので18度よりかは下かな?というところ。と思っていたところ張り紙で設定温度は17度とのことでした」

「実際のところ何度かは分かりませんが、クリティカルファクターを余裕で突破させてくれるような温度設定です」

(以上、FOREVER SAUNAより。http://beatthecontrol.net/l/u/lJDaOWZRv83h12G6

こんな感じでサウナ男子ケヴィンはホットに語っておりますし、

中平さんは先日、城ドラのサウナで・・・確か

「仕事が早く終わったー」

「サウーナ」

とかつぶやいて、サウナにイソイソと行ってきたみたいですし、一緒にサウナに行ったときも服を脱いでまっさきに向かった場所はサウナでして、キッチリ10分間サウナで汗を流したあとは、そのまま水風呂に行って水を身体に書けてから水風呂にザブン。さらにサウナで10分間→水風呂ザブン→サウナで10分間→水風呂、という感じで、

スクワットをやるかのように3セットやっていました。

ああ、前置きがエラく長くなってしまいましたが、彼らの影響もあり、つい先日は僕も連日サウナで過ごしているほどです。

実際、サウナ男子ケヴィンが言うとおり、サウナに入って水風呂につかると、脳がほんわりしてきますから、クリティカルファクターの壁を越えやすくなります(たぶんです)。

サウナ後の仕事は割と捗りますから、思考がぐるぐるしているときとか、肩が凝ってしまうときとか、考えて入るんだけど前に進まないときなど、サウナはおすすめです。

しかし昨日のサウナでは思わぬ副作用がありました。

イベント日だったようで、この日はロウリュウサウナ。

アロマの香りとあおぐ風の暑さで汗はダラダラで、気分はしっとり。

時間にして3セット30分ははいっていたと思いますが、水分補給を怠ったんですね。

すると今日になって、少し頭がズキズキ。

水分補給を行わないと頭痛がするとは割と最近知ったことですが(個人差があると思います)、汗を流しているのだから水分を取らないとそれはよろしくないでしょう。

うーん、なんだか変な内容になりましたが、サウナには水分補給が大切ですよ、ということで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました