写経の秘密を暴露。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

現在、メールを書きつつチェックしつつ、ブログを更新しています。

昨日から実家にお邪魔しているわけですが、土曜日と日曜日に宿泊した部屋のように、いや、実家とホテルはまあぜんぜん違う部屋なんですけれども、不思議なものでそこにいるかのような感じを覚えています。

ビジュアライズをする時、理想の一日を読み上げる時に現実感がない場合、それは単にその経験をしていないだけであって、それを経験すれば現実感が増してくるもの。

プリウスに乗りたいというならば、プリウスを試乗する。

BMWのX4に乗りたいならば、それに試乗する。

ただ読み上げるだけでも効果があると僕は思いますが、それでも実際はそれそのものの経験をしたり、近い経験をしに行っているので、「小野さんはただ読み上げているだけなんですか?」と聞かれたら、それは違う。

習慣化するためには「ただやり続ける」ことが大切といいますが(もちろんその前には、なぜそれをやるのかという必然性ですね)、実際には考えている・・・らしいです、人に言わせると、読み上げているだけではない。

いずれにせよ、実際に体験することが大切であり、時間と場所の自由を云々言っても、そこにリアリティがなければなかなか到達することが難しいだろうと。

会社勤めしている人が営業しているのを横目に人力車に乗ってみたり、同僚が東京で仕事している時にバンコクで仕事してみたり、妻が子どもと出かけている時に沖縄でミーティングしたり、

時間と場所の自由という言葉からもたらされる各々の定義は異なるでしょうが、それを経験することなしに「時間と場所の自由を手に入れる」ってわからないもの。

写経も同様で、いや、ワイルドサイドを歩こうよの島田さんが「小野さんも考えて写経していますよ」というようなことを書かれていたので、僕も気づいたわけですが、

*ただやり続ける

というステージの人もいれば(習慣化に取り組んでいる場合などですね)、

*セールスライティングスキルを上げる

というステージの人もいれば

*選ばれる人になる

というステージの人もいるわけで、各々により取り組むべき姿勢は、たぶん違う。

確かに僕の場合、ただ書き写しているだけともいえますが、写経題材は今必要なものを選んでいますし、例えばですが、その文章から書き手の人物像、考え方、コアなどなどを読み取ろうとしています。

例えば島田さんが書いた『PAPA PAZZO STRONZO』のレターを写経するとして、なぜこれを写経するのかというと、その書き手の人物像とか考え方とかこれまでの行動が見えてくるからです。

僕の場合難聴で、セミナーに参加してもほとんど聴き取れないこともある。しかし本質が同じである人物であれば、セミナーで話すこともレターで書くことも、抽象度を高めれば同じだろうと。木坂さんのレターを写経しているとこれに気づいたので、木坂さんのことを知ろうとして写経するわけです。

だからただ書き写しているとも言えるけれど、その実そうではないですよね、ってことで。

ある行動を習慣化し、3ヶ月とか6ヶ月で何らかの変化が自分自身を客観視した時に見られなければ、たぶん何かが足りないのかもしれません。

いずれにせよ、同じことをやり続けるにしても、変化ありきだと僕は思います。

その人の言葉だけではなく、実際の行動と得ている結果を、見ることもまた必要ということで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました