オウンドメディア

License to beat

継続案件の提案に必要なことは?

クリスマスということで、コンドミニアムからスターバックスにやってきました。 昨晩、ライティング案件の件で島田さんとスカイプにてミーティングをしていたのですが、その際に「小野さん、明日もひとりですか?」と聞かれ、「ええ、、、妻たちが帰ってこなければ」…
コピーライティング

ドレスじゃない。

先ほど、成田空港第二ターミナルに着陸しまして、現在京成成田空港第二ターミナル駅で電車を待っています。 上野まで行き、そこから宇都宮へ。切符売り場で京成上野から新幹線の上野駅は近いのかどうか確認したところ、JRへの乗り換えだけなら日暮里のほうがと言われ…
ビート・ザ・コントロール

手話の起源。

オウンドメディア記事を書きはじめる前に大切なこととして「誰に向けての記事かを決める」、すなわち「ペルソナを決定する」というものがあります。 同じゼニアやロロピアーナの記事を書くにしても…
コピーライティング

コンテンツ記事の書き方講座。

僕の解釈ではありますが、参考になればと思いまして。 ペルソナと言われるものを設定する理由というのは「誰に何を約束するか」の「誰に」を決めること。 すなわち記事の帰結点、「何を約束するか」というゴールに対するスタート地点の役割を、決めることにあります。 読まれる記事というのは…
ビート・ザ・コントロール

「この本のレターを書くときは一通り読まれてからレターを書いていたのでしょうか?」

今日は京都に来ておりまして、これからオウンドメディア記事の書き方講座をシークレット開催。 シークレットというより、変則的な募集をしていたので気づかなかった方もいると思いますが、うまくできれば一般募集を開始、という感じにて考えています。 内容は、半日のセミナーでライティング実績をその場で…
License to beat

クライアントに評価される記事の条件。

License to beatのセールスライティングクラスでのレビューやスカイプセッションでのレビューでも、いい気付きがあったので共有します。 オウンドメディアの記事を書く際、僕がメンバーの皆さんに伝えていることは、 *アクセスを集める記事 *滞在時間を延ばす記事 両方を兼ねる記事を書いてください…
1000万円クラブ

オウンドメディア記事のライティングレベルを知る方法と1,000万円クラブ。

2日前だったと思いますが、ダンコレの打ち合わせを兼ねて岡本さんのところへ。心斎橋に構えた店舗では岡本さん自身がお客さんと接するということから、また表の世界にでてきたんだなぁ、と。もうミスターフィクサーという呼称では無理があるかなぁ、と思います。 35階に上がり…
ビート・ザ・コントロール

品川から新宿へ。ハードワークならホテルだろう。

今日は品川で対面セッション。グランドプリンス新高輪になぜ行こうと思ったのかは忘れましたが、ここのラウンジはテーブルとテーブルの距離がかなりゆったり目に作られており、目の前は緑の木々がカーテン代わりになっていて、その先にはプール。以前セミナーか何か…
License to beat

License to beatというリアリティ。そしてリアリティには覚悟が必要だ。

License to beatに必要な3つの器を紹介し、それら3つの器をつくっていく講座をそろそろ公開します。 客観的に眺めてみることで僕自身の思い込みを排除することができるので、ここ最近はこの講座に関してぼーっと眺めることが多くなっています。 望む時間に、望む場所で、必要な収入を得るため…
コピーライティング

オウンドメディアを書くときのペルソナ設定方法

出雲大社での1日目。東京から出雲大社に向かうバスの中で、というよりは2時間毎に停車するサービスエリアで動画を撮ってきましたが、稲佐の浜で撮った動画が結構役に立ちそうな気がするな、と思い、紹介することにしました。 よかったら、感想聞かせてくださるとうれしいです。 ペルソナの設定に関しては、方法論としてこうやると…
タイトルとURLをコピーしました