御師。

グレートジャーニーの最終目的地に到着すると、その目的地と異国を結びつける証拠のような紋章があるので、それを写真に撮ってきてくださいと参加した皆さんに依頼。

その敷地内で探そうとすると見つからないので、外に出た結果、僕もその紋章を見つけて写真を撮り、少し周囲を歩いていました。 “御師。” の続きを読む

鳥居や拝殿では、なぜ真ん中を歩いたらダメなのですか?

グレートジャーニーシーズン2のテーマが日本人のルーツを辿るだったこともあり、行く先々で神社や御嶽に立ち寄りました。

立ち寄るだけでもよかったのですが、僕自身が直階という階位を取得しており、この階位だと一般的な神社では禰宜(ねぎ、と読みます)という神職につくことができるので、、、鳥居や拝殿を前にしたら参拝せずにはいられません。

神職でありながら、タイではよくお寺に行きまして、お坊さんにタムブンを行います。ごはんをあげたり、ですね。

ちなみにその昔、伊勢神宮は頭を丸めた者は正宮への参拝が禁止されておりまして、僧侶をはじめとするアタマを丸めた人々は、今でいうところの風日祈宮に行き、そこから遥拝したのだとか。

コレを知ると、神社にもお寺にも行くというのは、恵まれているのだな、と思います。時代性ですかね。

まあ、そんなワケで参拝するのですが、手水舎の作法や二礼二拍手一礼、、、四拍手でも八拍手であっても作法は美しくありたいと常に思っています。

特に意識しているのは、拍手の際の音。できるだけ澄んだ、清らかにキレイな音を出せるよう、無の境地で拍手をするように心がけています。

外国人観光客が増える中で、あの参拝作法は心を捉えるものだと思いますし、だからこそ美しい作法が夢にまででてくるよう、日々精進なのです。

さて、グレートジャーニーで外宮を歩いている時に、参加されたメンバーにこんな質問をしました。

「鳥居をくぐりますよね。正宮や拝殿で参拝を終え、鳥居をくぐるとくるっと回転して鳥居に向かって一礼(注:精確には一揖(いちゆう、といいます)、コレは軽いお辞儀のような感じです。一揖・一礼・一拝と進むにつれて、角度が深くなります。

ちなみに、上では「二礼二拍手一礼」と書きましたが、精確には「二拝二拍手一拝」です。角度は90度、お辞儀をした時に手のひらが膝小僧を包むところまで行くと、大体90度、コレが拝。膝小僧の上までだと「礼」になります)…しますよね?その時、右回りが正解か左回りが正解か、ご存じですか?」

コレは、鳥居に向かって左側に寄っているのか、右側に寄っているのかによって異なるのですが、左側に寄っていたら右回り、右側に寄っていたら左回りが正解です。

同時に覚えておきたいのは、鳥居や拝殿の真ん中を歩かない、立ち止まらない、というマナーです。

真ん中は神様の通り道と考えられておりまして、「正中」と言われています。そしてこの真ん中、正中には「おしりを向けない」というルールが有るのです。

だから、回転するときも、鳥居や拝殿の真ん中、正中におしりを向けないように回るのが正解なのです。

コレを知っていると、鳥居に向かって一歩踏み出すとき、また拝殿に向かって一歩踏み出すときに、どちらの足から踏み出すべきかがわかります。

向かって左に立っていたら左足から踏み出す。右に立っていたら右足から踏み出すのが正解です。

なぜなら、それぞれ逆の足から踏み出すと、正中におしりがちらっと見えてしまうからです。

もしコレを読んでから神社に行くことがあれば、ぜひマナーを大切にしつつ、透き通るような音の拍手を、鳴らしてくださると。

グレートジャーニーファイナル。

グレートジャーニーのファイナルに参加するメンバーを、11月14日(水)0時から募集します。部屋割りの関係で女性1名男性1名の募集になりますので、近い距離で一緒に語り合いたい人はもちろん、日本人のルーツにロマンを感じている人は参加していただければ。メルマガで募集を開始しますので、もう少々お待ちください。 “グレートジャーニーファイナル。” の続きを読む

悶絶するグレートジャーニー。

実は悶絶しながらリサーチし、書いているセールスレターがあります。その名も、グレートジャーニー。

いや、自分たちが企画して世の中に出しているんだから、そのセールスレターを書いていますっていうのは、堂々とセールスしていますよ、ってことなんですけど、、、実際これまで書いてきたセールスレターの中でも最も悶絶しているのだから仕方がありません。 “悶絶するグレートジャーニー。” の続きを読む

一人グレートジャーニー。自分を知る。

早朝にプロモーションの数字確認とプロジェクトメンバーへの状況報告、ステップメール兼メルマガを書いたあとは、トヨタレンタリースへ。

徳島店で軽自動車を借りると、剣山へと向かいました。一人でレンタカーを借りるって、はじめてかもしれません。 “一人グレートジャーニー。自分を知る。” の続きを読む

日比谷、銀座、新宿。プロジェクトプランニング。

日比谷にいます。

かつてはよく通った銀座から日比谷公園までの通りにある帝国ホテルや宝塚を眺めつつ、ブログが書ける場所はないかとパークサイドダイナーというお店に入り、コーヒーを注文しました。

エライスタッフの方が親切でして、僕がMacBookAirを取り出すと、「広いテーブルをご案内しましょうか?」と聞いてきてくれます。 “日比谷、銀座、新宿。プロジェクトプランニング。” の続きを読む

団らん。

グレートジャーニの余韻に浸りながら、今朝は5時ころに母を相模大野駅まで送りに車を走らせました。母と母の妹である叔母とで北海道に旅行にいくというので。

いわゆる亭主関白的な父と一緒だった母は友だちが一人もおらず、なぜなら若い時に遊びに行こうとしても「お前は家にいろ」と父に言われていたのだとか。 “団らん。” の続きを読む

予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。

博多に戻ってきました。

グレートジャーニーシーズン2の南方ルート編は、『魏志倭人伝』から辿る邪馬台国への道をテーマに、1泊2日の行程を終了。

なぜ、地理的な南方ルートの移動ではなく、「魏志倭人伝』と邪馬台国をテーマにしたのかと言うと、日本人の精神的、文化的なルーツに焦点を当ててみたからです。 “予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。” の続きを読む

グレートジャーニー南方ルート編。博多駅→唐津→志賀島→鐘崎→宗像。

宗像のホテルにいます。

先程まで、一軒家のフレンチレストランで自分自身のルーツを振り返る、という会食を行なっておりまして、いまホテルにやってきました。

明日は10時から見習いの海女さんが1ヶ月に一度開催するという食堂に行き、鐘崎の港へ立ち寄ったあとは『魏志倭人伝』で記されているところの、伊都国、奴国、不弥国へと周り、綿都美神社で本殿から鳥居へと視線を移し、その視線が指し示す地点へと向かいます。 “グレートジャーニー南方ルート編。博多駅→唐津→志賀島→鐘崎→宗像。” の続きを読む