ストレンジ・デイズ

コピーライティング

「普通の文章を書きたい!」そんな方が家族と別居してでも読む本(村上龍編)

これはこれで面白かったのですが、東野圭吾さんはこれ一冊のみ。また読んでみようと思いながらも手にとってしまうのは、過去に読んだ村上龍や村上春樹です。 正直なところ、どんな小説を読んでも本屋さんで売っているようなものであれば文章のインプットになると思います。表現の深さというか、場面を描写するという意味では、官能小説など…
タイトルとURLをコピーしました