決算打ち合わせ前、久々のあの感じ。

コピーライティング
この記事は約2分で読めます。

久々に田園都市線に乗った。と思いきや、白金フロートセンターに行った時も乗ったんだった。ますます、時間の流れが曖昧になっていきます。

その曖昧な時間の流れの中で、溶けて無くなるんじゃないか?

そんなことを思いました。

腕時計を直したものの、着けないほうが、調子いい感じ。だから、26日以来着けていない。腕時計がないことも、時間の感覚が曖昧になる理由なんだと思う。この境界が曖昧というのが、最近はとても居心地いい。わからないことはそのままにしておく。そのまま持っておく。いずれふとわかるときが来る。そんなふうに思えるから、白黒つけなくてもいい。そう思えるようになってきた。

さて、決算。

2015年3月23日に会社を設立。その時、決算を9月にしようと思った。理由は、なんとなくなんですけどね。

そのため今日は、決算に関する打ち合わせを税理士さんと行います。

提出すべき資料を準備しながら、ライティング。ライティングといっても今は、提出したストーリーボードへの感想や意見待ち。

スピード重視で書くセールスレターの場合、ストーリーボードを使ってチームでディスカッションというのはなかなかないと思う。

ストーリーボードを見せて意見をもらう。これには、フィルターが外れていく効果がある。これはやってみるとわかると思う。

そしてそのフィルターの向こうに、言葉があったりする。あ、そうそう、それね、みたいな言葉。共通認識としての言葉が。しかも、一言で。

具体から抽象へ。そして抽象から具体へ。

そうそう。レジを鳴らす言葉ってこうだよね、と思った。こういう感覚だったよね、と思った。

大胆に書いてみる。細やかに考える。また大胆に書いて、細やかに編集していく。

なんかいいね、この感じ。何のためにそれをやるのか。そのイメージを具体的にして、抽象的な言葉に置き換える。

こういう手順、セオリーっていうのかな、大事ですね。

P.S.
電車に乗ってきたおばあちゃんに赤ちゃん抱っこお母さんが席を譲り、僕が赤ちゃん抱っこお母さんに席を譲った。あばあちゃんが乗ってきた時に席を譲らない僕はまだまだ。ブログ更新に夢中だったんですけどね。

P.P.S.
今、白金高輪の公園でブログを更新しています。これから白金フロートセンターに訪問。ちょっと打ち合わせをしてきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました