あなたはメラビアンの法則でこんな間違いをしていませんか?(実は僕も、、、)

コピーライティング
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。小野です。

あなたはメラビアンの法則でこんな間違いしていませんか?

*人は見かけが大事!
*ボディランゲージのほうが言葉そのものよりも大事!
*言語情報はわずか7%の判断材料でしかない!

これらはメラビアンの法則が語られる中でよくある間違いです。かく言う私も、この間違った俗説をセールスレターで使ってしまったことがあります(もうエライ反省ですわ、、、)。この間違い、メラビアンの俗説として一部の方々の間では有名な話です。メラビアンの法則という名称のほか、3Vの法則とか言われていることもあります。

よく言われている(間違った)メラビアンの法則の解釈は、こんな感じです。

「人が物事を判断する時、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなど聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合を占める」

・・・ゆえに、人は見かけが大事、という結論を証明するために、証拠としてメラビアンの法則を引用するわけです。

じゃあ、メラビアンの法則(という言葉自体、なんとも言えないのですが)の真実とは何かというと・・・

「感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受け止め方について、人の行動が他人にどのような影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなど聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった」(以上、wikipediaより引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/メラビアンの法則 )

・・・というものです。つまり、言葉では「好き」と言っているけれども、表情や口調で「好き」とは感じられない場合、人は表情や口調から感じた印象を選択する確率が高い、ということです。

コミュニケーション全般においてこの法則(?)が通用するというのはメラビアン本人が行った実験とは異なるもので、この俗説が俗説であることを初めて紹介した平野喜久氏によると、

メラビアン本人も「私の研究は誤解されている。コミュニケーションにおいて、言葉の伝達力がたったの7%だなんて馬鹿げたことがあるわけがない」と後に弁解をしているとのこと(以上、天使と悪魔のビジネス用語辞典より一部を引用 http://www2u.biglobe.ne.jp/~hiraki/d74.htm)。

YouTubeとか動画を使ったマーケティング手法が流行ってきていますが、その度にこのメラビアンの俗説がよく登場しますが、コレは「コミュニケーション」に関する実験ではありませんので、セールスコピーを書く方はくれぐれもご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました