東京タワー効果。

未分類
この記事は約1分で読めます。

こんばんは。小野です。

先ほど、WORD PRESSのレッスンを終えて部屋に戻ってきました。

レッスン後、東京タワーを見に行ったので写真を一枚撮ってきました。なかなか壮観です。

私は高層ビルや橋などの巨大な建造物が好きなのですが、

東京タワーも含めてあれだけの建造物を人間が設計して建てたというのは、なかなか感慨深いものがあります。

まさに多くの人の力が結集してできあがったものというか、

人の力が集まることのパワーを表していると思いますし、あれだけのものを人の手で作ったと想像するだけでも色々と感じるものがあります。

特に真下から上を見上げると圧倒されそうになりますが、積み重ねることの大きさというか、人生そのものという感覚になるというか。

東京タワーに登ると当然、東京の景色を見ることができます。この時不思議なことに、心臓とかみぞおちのアタリがふわっと浮いたようになります。高いところに行くと決まって身体の内側と脳が軽くなるのですが、この現象は不思議だなと思います。

ストレスのようなものが消えていく感じです。

一人ではなかなか六本木ヒルズとか東京タワーとかに行くこともないですし登ることもないですが、こういうところに来ると脳が軽くなるのを感じるので、来てみるといいものだな、といつも思います。

連れてきてくれる人に、感謝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました