鳥取駅前。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

現在、鳥取市にいます。明日はクレイジーパパの会員イベントと、不定期イベントが開催されるとのことで、鳥取駅前のホテルを2泊取りました。

確か以前、萩から智頭に行く際に立ち寄ったことはありましたが、宿泊は今回が初めて。

先ほどごはんを食べようとぐるっと街を歩いてみたところ、閉店時間が早いのかどうかわかりませんが、軒並みお店が閉まっておりまして、開いているお店はあっても人がまばらな状態。

うーん・・・このなかでひとりごはんを食べることをイメージできず、だったらホテルで食べようと30分程度歩いてからホテルに戻り、先ほどレストランで食事。カレーです。

なぜカレーかといいますと、なんでも鳥取はカレーの消費量がエラく多いのだとか。

ホテルのフロントで聞いてみると、消費量は多いですが、美味しい店があるかどうかでいうと・・・と言葉を濁していたことが印象的でしたが。

明日のクレイジーパパ不定期イベントではしゃぶしゃぶ発祥のお店に行く予定だそうで、そこでもカレーが食べられるとのこと。

しゃぶしゃぶよりもカレーの方に食指が動くのはどういうことかと思いましたが、好きなものは好きなので、まあそういうものなのでしょうと。

智頭合宿かカツサンド以来の鳥取は雨模様でしたが、本日のグレートジャーニープライベートセッションで訪れたみたき園の緑は5月にふさわしい美しさでして、いや、ここはいつ来てもその緑の色合いには息を呑むほどですが、こうしたなかで山菜料理をいただくというのは、その景色と音色も相まってとても贅沢な感じがします。

そのせいか、夜のホテルカレーは今ひとつの感動ではあったわけですが、極を知るから対極も知り、だからこそその良さが際立つ、ということで。タルマーリーもそうですね。対極にある方を普段経験しているからこそ、タルマーリーの美味しさとか存在が際立つ。深いな、これは。

そうそう。初めての経験として(たぶん記憶にないだけかもしれませんが)、ホテルに入るときにコンビニエンスストアがない、というのを経験しています。

コンビニって僕らの生活、特に日本においてはもはや目にしないときがないほどという印象なのですが(父がたの田舎は除くけれども)、鳥取駅北口は見渡す限りコンビニがありません(どこかにあるのかもしれませんが、少なくとも僕の目につくところにはありませんでした)。

昨日は新大阪駅前に泊まり、今日は鳥取駅前に泊まる。

駅が違えばお店も雰囲気も違うものですね。そしてこれが、自然な街の姿だろうとも。

お店に入れば日本全国、同じものが売っているなんていう方が、かつては変だったんだろうなぁ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました