すっかり旅行代理店的な・・・

ひとりごと
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

小野さんの仕事は何ですか?と聞かれたら、「コピーライターではありません」というような返事をします。これには意味があって、まあとりあえずは、そういう風に考えてしまうとそういうステージの外に出るのが難しい、という理由なのですが。

しかし今日のところはこのコピーライターではありません、ということを話したいのではなく、別の職業についてです。

最近、日本とタイの往復航空券や、タイ国内線の料金やフライト時間を調べることが増えたな、と思いました。感覚的に、オレは旅行代理店なんじゃないか、ってくらい、毎日のように飛行機を調べています。

一方で、ライティングとかをやっているわけなので、なんか連日「オレは実のところ、何屋さんなんだろう」と思ったりしています。

まぁ、それは大した話ではないので、ちょっと置いておいて。

この仕事が旅行代理店なのか?と言われるとよくわからないのですが・・・普通、自分で航空券を手配しようと思ったら、出発空港と到着空港、そして時間と価格を調べますよね。よく飛行機に乗る人、クレジットカード決済をする場合はマイルが貯まるかどうか。自分がためているマイルの航空会社かどうか。とは言ってもこのくらいだと思います。

しかしツアーそのものを考えて航空券を利用者に買って貰う場合、念の為に飛行機の便名や乗り継ぎ時間などを調べたりする必要があるんだな、と。キャンセルポリシーや予約変更できないとか、予約クラスとか、これは大変だな、ってくらいいろいろ見たりしています。

ちょっと気を利かせてパンフレットとか作っちゃおうかな、なんて思ったら、もうなんか仕事(?)量が膨らみまくりで、なんか一杯一杯気味になってきて、気がついたらキーボードの「U」を押しっぱなし。はっと目が覚めたら、ブログの下書きが「ううううううううううううううううう」となっている事態。

航空券以外にもホテルやバス、車、船などの手配、乗る人数、集合時間やチャーターする時間・・・数字が変わると料金も変わるので、その度に「一人あたりの単価」が変動し、あ〜また計算しなおしか、、、となったりする。

どんな仕事でも、いろいろな経験ができるものですね。

旅行手配って好きな方なので、ついついやってしまいたくなるのですが(航空券購入時、飛行機の型を見るだけでニヤニヤしてくるんですよね。B777-300ERとか、B747-400とか、A333とか見るだけで、ヤベーなこれは、このタイプかよ〜とつぶやき、あ、このタイプならこのシートだから、時間ずらしてこっち予約しようとか、そんなふうに盛り上がっちゃうんですよね)、凝り過ぎると時間がいくらあっても足りなくなるものだな、と。

すっかりオチがなくなってきたので、今日はこのへんで。ちょっと寝てきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました