めずらしく妻からメール。

ビーコンストーリー
この記事は約3分で読めます。

昨日はビーコンライブセミナー@東京で、今日は特典セッション。

終了後、iPhoneを取り出してLINEをチェックしてみると、妻から電話してとメッセージ。

このブログをご覧になって長い方々にはご存知のことかもしれませんが、妻が電話してと言ってくることはもちろん、メールをしてくることも、そこには理由がありまして、

大体がお金に関する内容です。

ですから今日も、はたして「いくら必要になった」というのだろうと、妻に久々の電話をかけてみたところ、どうも長男が通っている塾のようなところに関する話題でした。

「クラスでの成績が良くないから、塾に通わせている、そして次男も行っているよ」と僕に報告。

妻が言うに、長男はクラスでテストを受けてみたところ、長男よりもできる人がほとんどだったとか。

どうしようと必死に考える妻には恐縮ですが、僕も妻も幼稚園や小学校の時に塾など行った経験はなく、僕の場合は公文程度ですから、

そんな僕らの息子たちがエラい早い時期から塾に行っていて、しかもあの妻が塾探しを張り切って行い、しかもタイ語は毎日3時間、妻が長男次男に教えているという、

そんな光景を思い出す度に笑ってしまい、肝心要の話は次回の訪タイ時にしようと決め、電車に乗るからと京王線のプラットフォームまで歩いて電話をオフ。

次男にも英語を学ばせはじめたらしく、ハローハローとか楽しんでいっているからまぁいいか、と。楽しめていないのならば、なんというか、教育ママ丸出しじゃないか・・・、と思った次第。

自分が勉強などしないのに、長男次男には勉強をさせるとは、妻も思うところがあるのかなぁ、とか笑いながら考えていました。

そういえばロイクラトーンは来るのと質問をくれたので、ごめん、14日は仕事が入っているんだよ、と謝ると、今度は「父の日は来る?」と言うので、それはもちろんだよ、と。

ところでプミポン国王がお亡くなりになったのに、父の日イベントってやるの?と聞いてみると、やるよ、と。

え、じゃあやっぱりタイに行かないとダメだな・・・2日に日帰りかなぁ、と思いながら。

しかし、1日に木坂さんの歴史学・地政学クラス、3日にLicense to beatのセールスライティングクラスがあるので、1日の講座参加後、羽田に移動し2日に父の日イベントを長男次男と一緒に楽しみ、そして3日の朝に帰ってこようかなぁ、共考えていました。

11月はホテル宿泊日数が15日とか20日程度になり、いよいよこれでホテルぐらしと少しは名乗っても通じるのかな?と考えましたが、かつて考えていたスーツケース1つだけの旅に近いことはやるようになってきたと思います。

どうも寝ながらこれを書いているようで、変なことを書いてないか音読をしたいところですが、

今日はこの辺にして、また明日。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました