思考のチューニング効果

コーチング
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日は広島の宮島にいます。出雲大社を8時30分ころに出発し、出雲市駅から広島駅までバスで移動。駅隣接のホテルグランビアロビーでミスターキネシオロジーとスカイプミーティングを行い、その後は雨の降る中をJRで宮島口まで。そしてフェリーで宮島へ。

厳島神社への参拝は明日18日に、弥山に登ってから行おうと決め、早々にホテルへ。と言っても、思いのほかホテルまでの距離があり、チェックインしたのは17時30分でしたが。

宮島名物なのか、広島名物なのか、食事にはたくさんの牡蠣が登場し、滋養成分が染みわたる感じ。その土地のものって、美味しいですね。明日は、穴子とかも食べてみようと思います。せっかくなので、焼き牡蠣も。

さて、昨日のビーコンランチミーティングからちょっと間を置いてのグループセッション。テーマとして、自分のサービスを自分のメルマガ読者さんに提供するとしたら、どんなものを提供する?というものを設定しました。これについて、1時間から2時間くらい、各々で考えてもらい、そのご発表してレビューしていくというもの。

4人の方に発表してもらったのですが、これは結構いいんじゃないかな、求められているサービスなんじゃないかな、と思われるもの、またもう一歩深掘りして、または俯瞰して考えれば、もっと良いサービスになるんじゃないか、と思われるものが登場しました。

今回集ってくれた方々との付き合いは一番長いミスターハギヤキで1年、ミスターアルケミストとミスターサマーソニック、そしてミスターマミサンは半年以上くらい。ミスターマミさんは1年近いかな、確か。

出会った当初ではこういうアイデアは出ないだろうと思われるくらい、市場性と現実性に富んだものが登場し、この分ならば自分をタレントとしてビジネスを作ることも近いんじゃないかな、と感じました。

個人的に、自分をタレントとしてプロモーションすること、ビジネスオーナーになること、そしてライティングスキルを使ったセールスレター案件を請けること。この3つはセールスライティングをやるならば誰もが持っておいたほうがいいと思う考え方だと僕は思っています。

自分をタレントとしてプロモーションした後は、他者をタレントとしてプロモーションすることがやりやすくなる。これは逆もしかり。僕の場合、自分をプロモートしたからこそわかることが増えたので、この順番をオススメすることが多いですが。

いずれにせよ、セールスライターになるだとなかなかこの発想は出てこないのかな、と思いますので、4人の発想には目を見張りました。

思考のチューニングとして、コア・バリューを書き出して理想の一日を毎朝毎晩音読してビジュアライズして、日誌を書いて・・・というようなことをオススメしていますが、コレはコレで効果があるんだろうな、と思った次第。

前のめりになったらやらない言い訳を排除し、実直に行動し続けることで成果を出せるようになる。

コレを目に見える形で、実現することが、2016年の僕のテーマになりそうです。

ビート・ザ・コントロールする人が増えれば、と思います。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました