徳島駅発、うどん経由で智頭駅へ。

ひとりごと
この記事は約2分で読めます。

マリンライナーに乗って瀬戸大橋を渡っています。

僕の中ではマリンライナーといえば後藤さんですが、後藤さんもきっと今日は智頭に来るのでしょうから、声をかけずに一人静かにマリンライナーに乗りました。

瀬戸大橋は車で通るか夜に通るかというのがこれまでの体験だったので、瀬戸内海の島々とタンカー船が停泊している工業地帯っぽい港の景色にヤラレました。

自然と人間の人工物。木々が生い茂る中で神社の鳥居と拝殿が登場するそれと似ています。

自然がもたらす曲線美と人間が創り出す直線美。

これらは互いにないものなので、その対比に僕は目を奪われるのです。

さて、今朝は徳島駅を7時に出て智頭に向かっています。

電車で岡山駅に向かい、そこから先は車で行こうと考えていたのですが、とても眠いので電車で行こうと考え直しました。

眠気覚ましに高松駅で降りてうどんを食べたことが、眠気に拍車をかけたのかもしれません。

小を頼んだつもりが大か特大になっており、もし大だとしたら100円をタムブンしたことになるわけですが、釜玉だけじゃなくてシンプルにかけでも食べたいと思い、さらにかけうどんを食べたことが原因かもしれません。

マリンライナーの揺れでグローブトロッターのエアキャビンが僕の膝で揺られ、壁にあたりゴツンゴツンいっています。

そしてその度に僕はまどろみから戻ってきて、この記事を書くのです。

2018年はお墓まいりと甲浦八幡宮参拝によく来るようになりましたが、同時にやらないことを決めてそれを減らしていき、その分仕事が増えてもやることはシンプルになっています。

コンセプトメイキングし、セールスラインを設計し、セールスプロモーションをコピーライティングで表現していく。

その分、高知に行き、徳島に立ち寄り、香川でうどんを食べて、愛媛のみかんをお土産にするのです。

あ、、、愛媛のみかん、購入しなきゃ、、、岡山に売っていますかね。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました