税や保険関係は専門家に聞いたほうが良さそうかな・・・

未分類
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。小野です。

昨日は開業届を提出しようと思い相模原市の税務署まで行ってきました。

結構カンタンに済ませられるかな、と思ったのですが、話を聞いてみると何やら複雑な感じでして・・・。たとえば、開業日をいつにするかというのも自分で決められますし(この日を開業日にしなければならない、という決まりがないようなのです)、それに伴い青色申告用の申請書も開業日から2ヶ月以内に提出する必要があるのですが、開業日次第では今年度の青色申告ができない、ということらしいんですね(ここ、僕の理解違いがあるかもしれません)。

コレがわかった時点で、これはやはり会計士さんか税理士さんに相談しにいこう、と思ったのですがさらに・・・

源泉徴収についても会計士さんとかに相談しなければわからないですね、のような話を税務署の方が仰るので、あ〜コレはもう最初からプロフェッショナルに頼ったほうがいいな、って思いました。

今年頂いた報酬に関し、お客さんによって源泉徴収を差し引いて振り込んでくださるか、差し引かずに振り込んでくださるか、対応が異なるので、コレをどうやって扱ったらいいのかわからなかったんですよね。

今回の確定申告は自分でやってみようと思っていたのですが、どうもコレに時間をかけると仕事に支障が出そうです。他の独立されている方々が言うように、最初は自分でやったほうがいいんじゃないかな、というアドバイスを受け入れようと思ったのですが・・・仕事のパフォーマンスを優先させることにしようと思います。

自分でリサーチしてもできるかな、とは思いますが、税とか保険とか複数の専門的な項目があると、たとえば税務署に行っただけで解決できるわけではなく、市役所にも行ったりする必要があるんですよね(ようやく知りましたが・・・)。

電話一本で片付くようなものでもないですから、だったら頼りになる専門家をこの機会に見つけ、専門家に任せたほうが、僕はスキルにフォーカスできる、そしてお客さんのレジを鳴らすことができ報酬を稼ぐことができる。そして専門家さんにもお金が入ってくる。いい関係ですね、コレは。

たぶん、あまりの煩雑さにそれをやらない論理を組み立ててみましたが・・・実際に会計士さんや税理士さんに頼んだときは、またお知らせしますね。

P.S.
行きは相模大野駅からバスで行ったのですが、帰りは歩いて帰ってきました。途中で仕事しなきゃと思い、コメダコーヒーに入ってライティングして納品しましたが、Macを持ち歩いていて良かったです。10キロ位は歩いたと思うので、いい運動になりました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました