セールスライティングスキルが欲しい?

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

3ヶ月ぶりにタイに戻ってきました。空港につくと妻と長男と次男が迎えに来てくれて、おみやげをスーツケースの外に出しておいたので、すぐに渡してあげたら長男が手を合わせてワイしながら、あ、ワイってお辞儀みたいなものです、喜んでくれました。次男は寝ていたので今朝渡したらエライ喜んで、ミニカーをあげたのですが「ブーブー」言って遊んでいます。

妻から聞いていたのですがエライ車が好きみたいです。ちなみに長男はレゴブロック。スターウォーズのスピーダーですね。早速妻と一緒に今朝、組み立ててあげました。

2014年の11月から過ごす時間を増やしたこともあり、ようやく僕にも家族感が出てきた感じです。今まではホントにお父さんという名の知らない人みたいな感じだったので。

さて、4月13日から15日まではタイ正月。いわゆる水かけ祭りがこの時期に行われます。公休は13日から15日ですが、僕の感覚だと地域により1週間くらい続く感じです。インターネットが使えない環境に行くことも考えられるので、ちょっと気をつけてスケジュール組まないとな、と思います。

さて、最近書く話題ではあるのですが、セールスライティングのスキルが欲しいかどうかについて。

ドリルではなく穴を売るのブログでも書きましたが、僕の感覚だとセールスライティングスキルさえ得れば理想の生活が実現できると考えている方は多く、コレは手段と目的を逆にしてしまっている。

理想の生活を実現させるためにこそ、セールスライティングスキルを手段として使い、その実現を早くすることができる。

僕が会ってきた人の中で、この人のセールスライティングっていいな〜とか、この人ならビジネスやればすぐ結果出るな〜と思う人は、セールスライティングスキルが欲しいわけではないことに気づきます。

もちろん、僕自身がそうですが、セールスライティングを学ぶこと自体が面白かったりするので、いつの間にかコレ自体が目的になってしまうことも無理は無いと思います。

しかし

今一度振り返ってみて欲しいのですが、なぜセールスライティングスキルを獲得しようと思ったのか、コレを考えたほうがいいです。なぜなら、その理由こそが目的だったりするからです。

*会社勤めをやめてストレスから解放されたい
*もっといい報酬を獲得したい
*部下や上司に気を遣わずに仕事をしたい

これらを実現する手段としてセールスライティングというスキルがあるわけですから、くれぐれもコレの獲得自体を目的にせぬよう、ご注意ください。もちろん趣味としてセールスライティングをやるなら大丈夫です。

ドリルが欲しい人などいないように、セールスライティングスキルが欲しい人だっていないと考える。欲しいものは結果です。だから穴が欲しいとか、時間と場所を選ばないライフスタイルが欲しいとか。

理想のライフスタイルを獲得するため、今日も頑張りましょう〜^ ^

P.S.
気の利いたことを話そうとしたら人がいっぱいで、、、しかしせっかくなのでアップロードしておきます^ ^

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました