誰と付き合いたいかという質問。

コア・バリュー
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

タイツアー中ということで、日本時間とタイ時間の時差2時間を加味しながら、スカイプミーティングや打ち合わせの時間を調整していっています。今のところタイ時間で朝5時や朝7時からのミーティングであっても、スカイプ接続をすることができているのですが、だいたいこういう時って寝るのが1時間とか2時間だったりするもの。

その度に、「オレは起きる」と暗示をかけて横になるわけですが、結構ハラハラすることもしばしば。しかし今日は6時15分ころに起きてスカイプミーティングのためにロビーに行ってみたところ、ミスターワイルドサイドがロビーで活動中。もしやと思って聞いてみたら、まだ寝ていないんですよ、とのこと。いつもながら、驚かされます。スカイプで何々…と話されていたので、やっぱり仕事をしていた模様。寝ないでスカイプをしておくのも選択肢として必要かな・・・、というよりはそのプロフェッショナルぶりに驚くばかりです。

昨晩はワイルドサイド部のメンバーが集結し、その直後にタクシーでバンコクの代名詞的場所であるバーに移動。そこで少し様子を見てからケバブを食べにアラブ人街へ。時間はすでに3時を回ったくらい。さすがに眠らない街バンコクといえども店じまいする様子が見られるなかで、いつも開いている店がまだケバブを作っていたので、そこで食べることに。

そしてホテルに戻ったのは4時くらい。トゥクトゥクでの帰宅です。

ロビーでミスターワイルドサイドと会ったのは6時30分過ぎくらい。少し話をした後で、僕はスカイプミーティングへ。

タイのホテル、というかどこででもWIFIは日本ほどうまくつながらず、タイの携帯回線のほうが、速いくらい。今日もWIFI接続した後で一度つながらなくなったので、携帯回線のテザリングに切り替えたところ、やっぱり映像も含めてうまくつながりました。このWIFI環境が改善されると、いいんですけどね。

さて、最近よくしている質問は「誰と付き合っていきたいですか?」というもの。自分のことを深掘りし、また客観視するためにしている質問もあるのですが、「誰と付き合いたいか?」を書き出してみると、自分のことを客観視しやすくなることから、この書き出しをワークのように提案することが増えています。

行き着くところはコア・バリューの発見、在り方の発見です。理想の一日を書き出すことも、できること1,000個書き出すことも、これを発見するため。

先日、ミスタークリオネとスカイプで話をしていた時、また同じ日にもう一人の人物から言われたのですが、1年前に書いたスタートアップガイド第1章も、そういう内容ですよね、と。

気づいてくださり光栄でした。僕がやり続けていることって在り方があって、そこに繋がる行動をやっているだけなんですよね。これは逆はない。つまり、コピーライティングのスキルありきで在り方を発見するわけではないんです。

先に在り方がある。だからコピーライティングスキルも結果的に必要。こういう順番。

これがストンと来ると、本当にいい毎日が送れるようになる、というのが僕の持論です。

在り方、コア・バリュー。それを発見するためのワークとして、誰と付き合いたいかを書き出していく。

1月に開催の「コア・バリュー発見&自分プランニング合宿」のようなことを、2016年は開催していきたいと考えています。よかったら、メルマガに登録しておいてくださると、うれしいです。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. マッドマックス2 より:

    小野さんのブログを読みながら
    いつも、あぁそうだよなぁと思って
    うなづいています。

    こういうお話はありがたいですね。

    • ono takamasa より:

      マッドマックス2さん、

      偶然にも・・・上海から羽田に向かう飛行機で、
      マッドマックスの最新版がありました。

      ブログをご覧くださり、ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました