那覇市松山の食堂が熱い!やっぱりステーキ1キロ対小野貴正編。

那覇6日目。

7日の午前便に乗って羽田に戻り、そのままタイに飛ぶため、沖縄料理を食べるならば実質この日が最終日。ということで沖縄ちゃんぽんを前日までに平らげて準備万端とし、ランニング後に行ってきましたよ、「やっぱりステーキ2nd」へ。

ランニング中に見かけた、やはり松山にあるジャンボステーキのハンズにも惹かれたものの、当初の予定通りホテルから徒歩1分のやっぱりステーキ2ndへ。License to beatの映像を撮影したこともあり、ランニングは1時間程度の時間走。お腹が空いてきたところでステーキ食堂に飛び込んだ、というわけです。

両極が大事だろう、ということで、店で一番大きな赤身肉を注文するつもりで店内へ。この店は食券機で食券を買うシステムになっており、食券機で赤身肉を探す。すると「やっぱりステーキ」という店名にもなっているお得用ステーキの部位が、赤身とのこと。これはラッキーということで、その一番大きなものを探すと・・・なんと、1キロを発見。

告白すると、怯みました。実は、「1キロに挑戦します」とか言っておきながらも店になかったらどうしようもないので、「又の機会にチャレンジします」とか言うつもりだったのです。しかし現実に「やっぱりステーキ1キロ」という食券ボタンが目の前にあり、しかも今日の部位は「赤身肉」。これこそまさに、「断れないオファー」じゃないか、というわけで、買おうとするも・・・本当に食べることができるのだろうか、と自問自答。食券機の前で考えることしばらく。すると店員さんが近寄ってきてくれました。たぶん、僕のビビりっぷりが伝わったのでしょうね。

しかしそれを機に僕は、「残したらお持ち帰りできますか?」と質問。すると「できますよ」と言うので、決断。1キロ、挑戦しましょうと。マッチョな男にはマッチョな1キロがお似合いだよね、というわけで、食券を購入。

この店はライスとスープ、そしてキャベツとマカロニサラダが食べ放題なのですが、赤身肉1キロという未体験ゾーンに備え、ライスを食べずにキャベツと少しのマカロニサラダ、そしてスープで準備しておくことに。

過去の経験上、飲食店に来てこれほど落ち着かなかったのはないですね。1キロなんてどのくらいの大きさなのか想像もできませんでしたから、食べられるかどうかなんてこともわからないわけです。まさにコンフォートゾーンから飛び出る時の脳の抵抗。これからグランドキャニオンジャンプをするぞと。そんな心境でドキドキしていました。

なんとなくそわそわしたので、ちょっとお手洗いに行き、戻ってくるとやってきましたよ、赤身肉1キロが。

見た瞬間、絶句しましたね。もう他の人が食べているステーキの鉄板(溶岩焼きなのです)よりも、3倍は大きい。そしてご対面する赤身肉1キロのたくましさ。僕の顔と同等の広さがあり、厚さは3センチほど。

こう、ナイフとフォークで切るじゃないですか?しかしファーストカッティングでは食べられる大きさにならないので、第2第3のナイフを入れていくわけです。やっと食べられそうな大きさになったと思ったら、噛みごたえのある赤身肉だこと。噛めば噛むほど肉汁が滴ってくるので、口いっぱいに肉を頬張ってしまうと肉汁が口の端から垂れてきそうな勢い。これぞ赤身肉。これぞ3センチの厚さ。そしてこれこそ、1キロの醍醐味。

切っても切っても減らないし、食べても食べても減らないので、咀嚼中はひたすら小さく切っていました。気づいたのですが、大きなお肉を口に入れると、それだけで体力と胃腸のレベルが下がります。ですから、小さく切っては食べたほうが、量を食べられるわけです。何より、美味しく。ここ、重要なんですね。

よく僕は、「考えないでただ行動してください」という話をビーコンコーチングやタレント化プログラムに参加する方々、そしてセミナーなどでするのですが、この肉を食べるときは僕自身がこの教訓を順守していました。ただ切っては食べ、切っては食べる。ちょっとでも思考を働かせてしまうと、「もう食べなくていいんじゃないか」「持ち帰ればいいんじゃないか」「ここまで無理して食べたってなにもいいことはないだろう」なんていう悪魔のささやきを脳が発動することはミエミエだからです。

昨日も生きられたのだから、今日も昨日と同じであって欲しい。明日も今日と同じであって欲しい。

脳科学を学ぶと、こんな脳の習性を知ることができます。ですから思考しないようにすること。脳が悪魔のささやきをしてこようものなら、思考しないことでこれを無視すればいいのです。

その甲斐あってか残すところ10切れまできました。しかしここで誤算が生じ、水の飲み過ぎで胃が一杯一杯に。

そこで僕は自分に語りかけました。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

この言葉に僕のマッチョな男心が火を吹き、再び一切れずつ淡々と、にんにくじょうゆをつけて時にはわさびを付けて、口の中に入れていく。そして、最後の一切れはダブルでフォークに刺し、要は二切れを頬張って完食。ああ、オレはやり遂げた、という満足感でいっぱいでした。

マッチョな男になるというロマンのためのベイビーステップが、赤身肉1キロを完食することだったんだ、と食べてから僕は思いました。

なにはともあれ、やり切るっていいですね。清々しい気持ちでいっぱいです。

とはいえ、さすがに1キロ。なんか身体から肉汁が漂ってくるような感じです。

自分の身体と相談し、食べられるだけ食べましょう。

明日は、バンコクからの更新です。

P.S.
やっぱりステーキ2ndはこちら。
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47016989/

P.P.S.
映像で観たい?そんな方のために撮った映像がこれ。

P.P.P.S.
名古屋の小娘さんが「碧」というお店を勧めてくれたのですが・・・女性店員さんしかいないのと、1キロステーキがないということで、「それは今回のマッチョなポリシーに反するだろう」と断念。ふんどしマンいわく、「筋肉の量が人生の質」。良質な赤身肉は筋肉を生み出すのです。まぁ、私見たっぷりですが。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください